We will design the “Medical x Social” from Kamakura, Japan.

Project

ほしの内科クリニック


クライアント:医療法人星和会
プロジェクト期間:2009年4月〜
プロジェクトの目的:増患者、組織力の向上
提供内容:Web / 映像 / 写真 / ポスター / 名刺 / 封筒

各地から患者さんが訪れる糖尿病の“専門医師”

開業してから1年、「間に合わせ」でつくったクリニックのウェブサイトをリニューアルしてみたいとのご希望から、共通のビジネスパートナーのご紹介を通じて本プロジェクトが生まれました。
現在様々な医療機関とお仕事をさせていただいておりますが、その中で最も古くからのお付き合いになるのが神奈川県藤沢市のほしの内科クリニック(以下、ほしの内科)になります。

最初のサイトリニューアルから8年近く経ちますが、ほしの内科は日々患者さんの診療をスタッフと一体となって日々丁寧におこなうことを継続し続けることによって、毎年患者数を伸ばし続けています。開業して3〜4年で、増患の伸び率が落ち着くクリニックが多い中で、この業績はすごいの一言です。実際にほしの内科の患者さん立場にたったホスピタリティの高さは、患者として一度クリニックを訪れれば間違いなく実感できます。

サイト制作を通してチームビルディング

サイトの設計では、視力の弱い方が多い糖尿病の患者さんが閲覧することを前提に、サイト構造のわかりやすさと読みやすさを意識したものになっています。患者さんが求めている情報にスムーズにたどり着けることを目指しています。

当時より星野先生が医療だけではなく経営のことも積極的に学ばれていたという経緯から、本サイトのコンテンツは、「コンテンツカード」という当社独自の手法を用いて、星野先生およびスタッフのみなさんとワークショップ形式で考案しています。コンテンツカードを使用する目的はより効果の高いサイトを制作することですが、その過程において会議に参加したメンバーの相互理解が大きく促進され、サイト制作を通じてクリニックの院長とスタッフ間のチームビルディングを行うことができました。僕たちが「サイト制作を通じて、組織開発ができます」と発言する根拠は、このほしの内科の実績から来ています。

僕自身も病気の折にはほしの内科に患者としてお世話になっています。医師として、そしてビジネスパートナーとして、信頼するほしの内科が今後どんな発展を遂げるのか。星野先生の描く未来の伴奏者として関わっていくために、僕達も学んでいく姿勢を大切にしていかねばと考えています。

(2017.02.01 桑畑 健)

Creative Direction : 桑畑 健
Direction : 檜谷 由香里
Photograph : 大籏 英武*、Jump Start Inc.
Web Design : Jump Start Inc.
Web Development : Jump Start Inc.

ほしの内科クリニックのサイトを見る

このプロジェクトを基に相談・お問い合わせする